かいてき(カイ的・快適)ビジネス

a と the と無冠詞の違いはステージの高さで紐解ける(超越文法)

2016.08.01

Sponsored Link

今日も新田さんからメールが届きました。
3日連続です。
 
月の半分はセミナーで準備もあるだろうに、
通常メルマガ、NEXTDIMENSIONメルマガ、超越文法メルマガ…。
 
僕が知るだけでこれだけあるのに、
なんという仕事のスピード!
 
超越文法同様に、新田さんも超越してるなー。
僕もがんばろっと、と新幹線で移動中に連続2記事目です。
 
ここ2通のメルマガで言われた事は、
英語は概念で捉える、という事です。
 
 

言葉って、表面的な意味と、奥行きある意味がありますよね。

 
例えば、
日本語でいえば、「カワイイ」
そう、この男子を悩ませる、女子のカワイイですよ(笑)
・見た目がカワイイ
・仕草がカワイイ
・生き方がカワイイ
・雰囲気がカワイイ
・なんかカワイイ(笑)
合コンでこれから来るであろう、
カワイイ娘はどんな感じか気になりますね(笑)
男子の思うカワイイと、女子のカワイイは全く違う…。
 
 
僕たちは日本語を学ぶ時はここまで考えて学んでは来ていなくて、
小さい頃から生きてきた経験を持って学んで来ましたよね。
 
 
それは英語にも言えるという事です。
getとかの簡単な動詞を使った熟語が難しくて、
暗記の苦手な僕にとっては苦しい戦いになります(汗)
 
 
一つひとつの意味を具体的に覚えると、
本当に沢山の意味があってとたも覚えきれないのですが、
 
 
これをざっくりと抽象的に、
「こんな感じ」というニュアンスで覚える事で、
なんとなく意味が伝わる様になるそうです。
 
もちろんこれは、具体的なモノに加えて抽象概念を付け足します。
 
 
超越文法のキモってここになる気がしてます。
こういった概念をイメージした状態で、
これから出てくる英語を見ていくと、
新たな視点で学べそうです。
 
 

【a と the と 無冠詞の違い】

 
こうした概念が分かってくると、
a と the と 無冠詞の違いが見えてきます。
(a は抽象概念に使う場合、the は具体的な対象に使う場合)
 
 
この違いって、ネイティヴでも間違える、結構難しい所なんですが、
 
 
概念がわかればいちいち丸暗記しないでも良いので、
なるほど忘れない勉強法だな、と思います。
こう言った視点を持った(知った)上で、
街中を歩いてみると、歩くだけでも勉強になります。(もちろん日本国内で)
 
 

google Sponsored Link2


【ステージの高さとは?】

この、抽象化、具体化を上下する勉強法は、
人生の成功法則に結び付きますよね。
僕はこれまで幸運な事に、
沢山の経営者、先生と呼ばれる方とご縁がありましたが、
彼らの共通点は、抽象化と具体化の能力が抜群に優れていました。
 
 
どういう事かと言うと、
他人の出来事を、抽象化してまるで自分の事かの様に感じ、
自分ゴトの様に一生懸命解決する。
 
 
そして、人に説明する時には、
本人、もしくは類似した人に映像がイメージできるほどに、
具体化して説明する。
 
 
「そこまで親身になってくれるの?」
「これで問題は解決できる。しかも安い」
 
 
となれば、信頼が得られるので、
ビジネスが上手く行くんですね。
 
 
他人の理解: 抽象化
他人への説明: 具体化
 
具体と抽象化の上げ下げを自由自在に
行えれば、
なるほど、ものすごい影響力を持てるんですね^ ^
 
 
そんな事が英語で学びながら出来る、
超越文法は凄い^ ^


【登録無料】超越文法が気になる方はこちら

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール