かいてき(カイ的・快適)ビジネス

部下が言うことを聞かない?今日上司と戦いました

Sponsored Link

あなたの会社では、部下が言うことを
聞かないと言うことはありますか?



こんなことを聞いておいてなんですが、
僕は言うことを聞かないタイプの部下かも知れません。


今日、会社である、重要な学びを得ることが出来ました。
どうして僕が、上司の言うことを聞かなかったのか?
その心境をお伝えしたいと思います。



そして、これを読んだ方が、
現在の日本の会社の問題点に気づき、
また、ビジネスを行う商い人の進むべき道が
明確になったらよいな、そう考えて書きたいと思います。


google Sponsored Link1

【部下からの反発】


僕は現在、日本で知らない人はいないであろう、
企業に勤めさせて貰っています。

しかし、残念ながら、以下の様な体験をしました。
そこから見える事は、この問題は、日本全体の問題であると考えています。




今、会社では、業務効率化を目的として、
メールソフトの変更を、全社的に行うこととなりました。



「なんでそんな面倒な事するんだ?」

これは、僕の周りの人間の意見です。
そのシステムの事を色々と調べた所、


どうやら、
総合的に業務を管理するツールらしく、


・メール機能
・スケジュールをチーム内で共有
・会議出欠を参加者に一斉送信
・着席、離席、取り込み中などの状態表示
・チャット機能
・パソコンからのテレビ電話機能


などがあるそうなんですね。
こんなものが役に立つのか?


工場内を動き回るのに、
いちいちPCにスケジュールなんて入れないし、
チャットも会議出欠も、電話一本で済む。


こんなの、絶対に使わないよね~。
と周りでは話していたんですね。



それで、ソフトを入れてみたら、
使い方がわからないし設定だけで1日かかり、
PCの動作が重くなったのです。



余りにも不満の声が聞こえたので、
このままだと、誰も使わなくなり、
お金も時間も相当かけて行った内容が無駄になるな、
そう考えたので、事務局に以下の様なメールしてみました。




今回のソフトを入れる意味付けを教えてください。


・誰が困っている?
・何に困っている?
・今のシステムでは何故だめなのか?
・新システムでどの様に解決されるのか?
・結果として会社はどう良くなり、
それがお客様にどう喜んで貰えるのか?


これを理解できれば、
社員はみんな喜んで使うと思います。
教えていただけると幸いです。




正しく価値を認識できれば、
みんな使うし、ハッピーになるな、
そう考えてのメールでした。




それで、電話が来たのですが、唖然としました。
たぶん、導入部署の課長さんからです。


課長
「このシステムは、専務がやれ!と言っているんだ。
それは重要な会議で決定している。」



「それほど重要なら、どうして
その重要性が周知徹底されていないんですか?
このシステムを入れるメリットは何ですか?」


課長
「専務が旧ソフトは時代遅れで、
新ソフトがこれからの時代必要なんだと言っている。
チャットシステムとテレビ電話は最先端の有効なツールだ」



「どういう所でそれを使うんですか?
それがどの様に業務効率化になるんですか?
これだけの手間を掛けてもやる事ですか?
従業員は喜びますか?」




課長
「…そんな細かい所まで把握していない。
このツールがどの様に有効活用できるか、
議論して、公開しようと思う。」




「…(それは導入前に検討するのでは…?)」




その課長さんは面識がありませんでしたが、
初対面、電話ごしに怒鳴られるとは思いませんでした(汗)


そして、課長さんは、僕が自席にいるのを確認し、
遠くから怒鳴るという…。
(出来れば対面して話したかったのですが…)






僕は人にモノを言える立場ではないので、
具体的に名言する事は避けておきます。





google Sponsored Link2

【現在の日本の問題点】



今回の体験を通して、
僕たちは変わらなくてはならない。
と強く感じたのです。


これは、うちの会社に対してだけではなく、
日本全体であり、個人のコミュニケーションでも同じです。



そう、問題は「コミュニケーション」と、
「おもてなしの心」です。




個人を責めている訳では無い事を前提とした上で、
問題点を挙げると、



・従業員が非効率で困っている問題を認識しているか?
・ちゃんとヒアリングしたのか?
・導入後の改善を確認したのか?(先に導入した他事業所)
・不満点があるなら、従業員はそれを伝えたか?



言ったら、お互い様です。僕自身も悪いと思います。
導入側は、トップダウンで、幹部命令を鵜呑みにして、
お客(従業員)の話を聞いていないし、


受け入れ側は、問題点を指摘しない。
(僕も問題点を知っていたが、先延ばしにした)




従業員の為にさえも行動できない会社が、
お客様を喜ばす事が出来るわけがない。

実は、似たような事が
ここ1ヶ月で他に2回もありました。





言いたい事を言えない社内風土は、
改善のチャンスを失っているし、

相手を喜ばせたいという、
おもてなしの心がない。


おもてなしの心、精神性こそが、
我々日本人の最大の強みなのに。



この様な状況を、僕はひたすら嘆いていて、
なんとか変わったら良いな、
そう考えて日々活動しています。





【僕がやりたい事】



僕一人でやれる事は、本当に少ないです。
でも、少ないからこそ、超個別対応をしたいと考えています。


10万個とか商品を売ったりはできないけど、
数十人の人生を変える事はできるかも知れない。



何より僕は、
関わった人の様子を間近で見たいし、
喜びを一緒に分かち合いたい。



魂とシンクロした生き方を提案したいのです。


ブログで自分の好きな事を情報発信して生きる、
そんな新しい生き方はどうでしょうか?
自分の職業を超えた、人生を幸せにするお手伝いをする人、増加中です。


じゅんぺい


individualコミュニティ(無料)に参加してみる

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール