かいてき(カイ的・快適)ビジネス

インテリア向けの小さめ観葉植物 僕のオススメはコレ

Sponsored Link

今回は、インテリアにアクセントを加える、
小さめの観葉植物についてお話ししようと思います。

google Sponsored Link1

【オススメはポトス】


単刀直入に言うと、最もオススメ出来るのはポトスでしょう。

インテリア向けで小さめ、と考えると、

想定環境としては、
玄関の棚の上だったり、
テーブルの上、
又はトイレなどになりますよね。

イメージとしては、コップサイズの
観葉植物で、
手入れが楽なもの。


いろいろな場所に好きに置くと言うことは、
日陰でも生き生き育つ必要があります。

更には、土で育てようとすると、
土の匂い、害虫などが懸念されまして、

そのような物を食卓テーブルには
置きたくありませんよね。


ポトスならば、
水のみで育てる事が出来ますので、
害虫とは無縁ですし、
日陰でも良く育ちます。


コップにひと刺しするだけで
完了なので、万が一、倒しても土よりは被害が少ないと思います。


google Sponsored Link2


【観葉植物に対する僕の結論】


これまで僕は、十数種類の観葉植物を室内で育ててきました。

そこで分かった事は、
観葉植物といえど、日光が最重要項目である、ということです。


現在の我が家は、西日しか当たらないので、
観葉植物にとっては過酷な環境だと言えるでしょう。

そんな中、意識せずとも順調に育ってくれているのは、ポトスだけなんです。

だからこそ、室内で自由な場所に置きたいのなら、
絶対ポトスを選んだ方が良いと思うんです。


【観葉植物は潜在意識に語りかける】


観葉植物の良さとはなんでしょうか。
僕なりの見解を言わせて貰いますと、
それは、

潜在意識に対する癒やし

だと思います。
何か作業をしていて、
ふと、視界に入る観葉植物。

顕在意識として、
認識する場合ももちろんありますが、
意識に登らないままでも、脳みそは
しっかりと意識しているのです。


脳の意識の表に出てくる顕在意識と比較して、
僕達が知らない間に処理している潜在意識とでは、
扱う情報量が全く異なるのです。



顕在意識を1とすれば、
潜在意識は1000くらいになるのです。


その高処な潜在意識で癒されるとすれば、
観葉植物の役割は計り知れないものがあります。


視点を変えて逆の言い方をすれば、
部屋が散らかっていたりすると、

片付いている時より、
やっぱり嫌な気分になりますよね。



視界に入るたびにその様に潜在意識にインプットされますから、
脳は無駄な事を処理する事になり、
実は非常に疲れるのです。


逆に観葉植物を置いて、
部屋自体の統一感を持たせて、
その部屋をパワースポット化してしまえば、

どんどん思考が整理され、
脳が活性化するので、良いアイディアが生まれるようになります。



僕が副業ビジネスを行う上で意識しているのは、
脳を疲れさせないで、活性化させる事。



こうする事で、どんどん意欲が高まり、
アイディアが閃き、ビジネスが良い方向に回り出します。

ぜひ観葉植物を置いて、
脳に良いことをしましょう。

【さいごに】


今回の記事では、インテリアで飾る、観葉植物で、小さめの物は、

ポトスがオススメだと述べました。

また、観葉植物の効果について、
脳の観点から潜在意識に問いかける
観葉植物の癒やしについてもお話ししました。

潜在意識下で癒され、エネルギーチャージが出来ると、

思考が活発化するので、
お仕事に役立てて貰えればと思います。


お役に立てれば幸いです。

じゅんぺい

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール