かいてき(カイ的・快適)ビジネス

英語の発音をよくする方法(超越文法)

Sponsored Link

本記事は、超越文法にて英語、フランス語など、
多言語を同時に学びながら、能力開発をする中、
英語の発音をよくする方法について、お伝えします。


今回は超越文法11回目でした。
最近は参加者からの返信を良く扱ってくれています。
 
 
リアルタイムで参加できるのは、
本当に楽しいですね!
高校や予備校とかでは残念ながらこの様な、
参加型の授業ってありませんでしたが、
リアルでやったら、面白いんでしょうね。
 
 
今日の内容は、
発音に関する部分でした。
「ӕ」と「エイ」。
その他数種類の発音の仕組みを分かりやすく。

 

google Sponsored Link1

【わかりやすい英語の発音法則】


今回の、「ӕ」と「エイ」は、
単に発音記号で覚えるのではなく、
カタカナ英語との共通点を見いだす事で、

普段の生活で日本語に触れるだけで、
英語の復習になるように考えられています。

 
 
超越文法では、
たった一つの例文で何時間も話したりしています。
例えば発音記号の一覧表など覚えづらいものを、
ストーリーを交えて解説したり、
いわゆる深さを追求しているのですが、
(とはいえ、知識の幅も解説されます)
 
 

僕の中で良いなー。と思うのがもう一点あって、
それが、


【精神にネイティブをインストールする】

という方法です。
もちろん、最初から、スラスラなんでも流暢に話すのは難しいですが、

 
 
たった1行の文章だけを練習して研ぎ澄ませる。
たった5秒で良いから、ネイティブだと思われる位に流暢に話す。
 
 

こうやってネイティブをインストールする事で、
空気を吸うかの様に英語を話す様な、
セルフイメージを高めるんです。
 
 

空気吸うぐらい簡単に英語を話す。
(たった5秒でも)


特に潜在意識については、


google Sponsored Link2


「自分は息を吸う様に英語を話せる」

 
 

と思えば、
必要な情報をキャッチして、話せちゃうモンです。

 
 
セルフイメージが低いうちは、
勉強しても、
「自分は英語を話せないんだ」
と潜在意識がブロックしてしまいます。
 
 

潜在意識と言えば、
子どもって、潜在意識がものすごく表に出てますよね。
 
 

ネガティブにできないと感じてると出来ないんですが、
一度、出来る!と信じ込むと、本当に何でも出来ちゃうんじゃないか?
 
 

って位に集中してやってしまう。
親の発言はますます重要性を増していて、
どんどん新しい世界を見せてあげられたら良いな、と思ってます。
 
 

外に向けた新たな体験とか、
すでに知っている事を再定義した内容とか。
大きな背中を見せる為にも、ますます精進していきます。
 
 

【登録無料】超越文法が気になる方はこちら

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール