かいてき(カイ的・快適)ビジネス

明石公園花見の場所取り!ディズニー方式で完全攻略!

Sponsored Link

もうすぐ花見の季節。
実は県内屈指花見エリアである、明石公園。

google Sponsored Link1


僕は徒歩5分の位置に住んでおり、
毎週のように足を運んでいます。



そんな地元民である僕が、
明石公園花見の完全攻略をしたいと思います。
キーワードは、ディズニーです^ ^


【明石公園花見とディズニーの共通点】


明石公園の花見の楽しみ方と、
ディズニーには、実は共通点があります。

それは、何かと言うと、




同じ場所でも様々な種類の楽しみ方がある





ということです。
ディズニーの場合は、



1.乗り物に乗る
2.ショーやパレードを見る
3.パーク内の雰囲気を楽しむ
4.食事を楽しむ





など、その全てが高いクオリティで、
年代や来た回数に合わせて色々と選べるんですね。

明石公園も同じで、




1.城を眺めながら花見
2.子供が遊具で遊ぶのを見ながら花見
3.池の対岸から、池に映りこむ桜を見る
4.桜のトンネルを通る
5.大きな桜の樹の下で大宴会




などなどです。
色々な楽しみ方があると思いませんか?


大体のテーマパークは、
乗り物に乗ることが第一目的で、
混雑を我慢して並んで、どれだけ多く乗れるか?
が重要だったりするのですが、



ディズニーの場合は、
その「場」にいるだけで幸せな気持ちになり、
非日常を感じることが出来ます。
いつも思いますが、すっごく考えられた
ビジネスモデルだと思います。




そういった意味では、
明石公園も、県立と言うだけあって、
かなり大きいですし、
たくさんの楽しみ方があるので、
色々と楽しんで頂ければと思います。




【明石公園では場所取りは必要か?】


過去に4回ほど明石公園で花見
(というか花見散歩)をした事がありますが、



あまり、ビックリするような混雑は無く、
場所取りに気合を入れる必要は無いかも知れません。


それでは、これから、幾つか花見スポットを
ご紹介していきたいと思います。


画像参考URL
https://www.hyogo-park.or.jp/akashi/contents/sisetsu/parkmap.html


【お城を見ながら花見する】



1



おすすめしたいのは、西芝生広場ですね。
桜の数は多くはありませんが、
芝生エリアは広いため、
大人数で実施する場合は、ここがオススメです。


お城の櫓と一緒に桜を見るのは、
中々珍しいですよ^ ^


【子供の遊びと花見を同時に】



2




花見に来たのは良いけれど、
子供が暇してしまって…という場合は、
子供広場がオススメです。


意外としっかりした大きな山型の遊具があります。長めの滑り台もあるので、

子供たちはそこで遊んでもらいつつ、
桜を見るというのも良いですね。
ここからでもお城は見えますよ^ ^


【気晴らしにお城に登ってみる】



3


お城へは100段くらいの階段を登ると到着出来ます。

左右に櫓があって、本丸、天守閣はありませんが、
櫓の中に入ることが出来ます。
歴史に触れるのも良いでしょう。
明石は宮本武蔵が関わった街ですよ^ ^


登った先には、櫓のほか、
空中庭園があり、そこでのんびりしたり、
展望台まで行って、



明石駅
明石海峡大橋
淡路島



を望むのも良いですね。
男の子のお子さんがいる場合には、
たくさんの電車が通るので、
大興奮間違いなしです。



空中庭園に桜は確かあった様な気がしましたが、
勘違いかも知れません。
そこで桜があればラッキーと言ったところですね。
情報不足、すみません…。



【堀の水近くの桜を楽しむ】




4




桜堀では、堀の水辺と、
近くに大きな桜の樹があります。

この辺りは、野良ネコの出没スポットです。
人馴れはしていないので、
寄っては来ませんが、癒されます^ ^


堀には亀がたくさんいて、
人が前に立つと、すごい勢いで寄ってきます。
パンくずとかあげると更に勢いが増します(笑)




【剛ノ池から桜を楽しむ】



5



剛ノ池は、明石公園最大の池で、
この池の周囲を囲むように道があるのですが、
そこには、たくさん、本当にたくさんの桜があります。



この道の左右桜があり、
まるで桜のトンネルをくぐり抜けている様です。

2013-04-04 10.50.35


この辺りは、スペースが無いので、
場所取りは難しいかも知れませんが、
道を通りながら見るのが、
一番楽しめるのではないかと思います。



剛ノ池では、スワンボートの貸し出しをしており、
池の中から桜を楽しむ事もできます。

画像 054



また、カモや鯉にエサをあげられるので、
お子さんも楽しめると思います。



【大きな桜の下で楽しむ】



6




剛ノ池の更に奥に千畳芝という、
芝生エリアがあります。

この周辺は公園内で最大級の桜がたくさんあります。

スペースもかなりあるので、
ここに陣取るのもオススメです。


本当に大きいので、圧巻ですね^ ^



google Sponsored Link2


【オススメの花見の仕方】



どの場所もそれぞれ魅力があり、
どれが一番良いとは言い切れないのですが、


それでも、どう攻略するべきか?おを考えると、
やはり、1箇所場所取りして、


他の場所へは、散歩しながら散策すると
色々な発見があって楽しいと思います。




【その他の楽しみ方】


明石公園は明石駅徒歩1分なので、
電車で来ても行きやすい場所だと思います。

駅ナカで食べ物を買っても良いし、
南出口を出て、魚の棚で食べ物を買っても良いでしょう。


また、車の場合は駐車場が、公園内にあるのですが、
オススメは、



ホームセンターダイキ
しまむら
マックスバリュー
オートバックス




のある駐車場がオススメです。
1時間無料ですし、足りない道具、食材、
寒ければ洋服もここで全て揃えられるので、
かなり便利だと思います。



【さいごに】


今回は、明石公園の花見の場所取りという、
テーマでお話させていただきました。

本当にたくさんの見所があるので、
目的に合わせて選択して頂ければと思います。

お城見ながら花見できたり、
桜のトンネルなど、感動すること間違いなしです。


リピーターが多いことからも、
この明石公園の良さがわかりますよね^ ^


また、今回はディズニーの作り出す「場」、世界観という考えを元に、
明石公園とのビジネスモデルの共通点もお伝えしました。

お役に立てると幸いです。


じゅんぺい

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール