かいてき(カイ的・快適)ビジネス

心理学ホメオスタシスの意味と例、3日坊主脱却の3個の方法(奥義004)

Sponsored Link

心理学で言うホメオスタシスは心を安定させる為の、
自己防衛システムだと認識が強いですが、
果たしてそうでしょうか?

ネットの情報の多くは、ホメオスタシスという機能がある、
という風に説明している場合が殆どで、
このホメオスタシスを活用する方法については
触れられていない様な気がします。


僕は少なくとも、ホメオスタシスは、
自分の能力を最大限に発揮する為のシステムだと思っているし、
もし、ホメオスタシスで能力開発できるのならば、
どんどん世の中に広まった方が良いと思っています。


今回は、僕の体験事例を通したホメオスタシスの意味と、
具体的な活用方法についてお伝えしたいと思います。


ホメオスタシスによって
3日坊主を脱却したり行動体質になりますので、
ぜひ活用頂けたらと思います。



google Sponsored Link1

3日坊主地獄の自分

僕は昔、3日坊主常習犯でした。
例えば筋トレとか、やろう!これから頑張るぞ、
熱い気持ちを持って意気込むものの、
3日坊主が関の山。
なんどもチャレンジしても、上手くいかず、
なんて自分はダメなんだ・・・。と思ったものです。


今考えると、これこそがホメオスタシスだったんだと理解しています。


ホメオスタシスは、何か普段と違う事をしようとした時に、
それをフィードバックする形で現れます。



心理学でいうホメオスタシスの意味は、

・心の異常(メンタルヘルス)があった場合に、補正する働きを持つのと同時に、
・変わろうと思った心も補正してしまいます。


そもそも筋トレをする習慣がないのに、それを追加する訳ですから、
それはいつもと違う行動です。
そこにホメオスタシスが働いて、元に戻そうとします。

だから、3日坊主が悪いのではなく、
心がそういった働きを持っている、という事ですね。


なぜ会社は3日以上続くのか

その後、僕は色んな事にチャレンジするも、
ことごとく失敗していきます。
(10回くらいは失敗したと思います)


でも、ある時に、ネットビジネスというものに出会います。
ブログとか、メルマガとか、情報発信によって稼ぐというもので、

在庫を持たなくて良かったり、
記事一通で何百人の人を相手にビジネスをする手法を見て、

ああ、芸能人と同じなんだな、と理解しました。
これは、ブログで私生活を晒すという事ではなく、
例えばコンサートを行う事を想像しました。


お客さんが1000人来ようが、10000人来ようが、
出しているコンテンツは同じです。


労働時間に対する受け取れる報酬が無限大だという事を知って、
ネットビジネスに将来性を感じました。


ただ、いざ、ネットビジネスを初めてみたものの、
やはり仕事ということもあって辛い事もあります。
続けられなくては、自分の人生を変えることはできない。


「また、3日坊主なんだろうか・・・。」


と、思っていた矢先、
とても重要な事が登録したメルマガから流れて来たんです。


その内容とは、
・ネットの教材に払うお金は、自分の覚悟の表れだ。
・知識に投資するのではなく、
実践コミュニティへの参加権としてお金を払う


という事。
確かにその通りだと感じました。


僕の場合は副業ですし、
他に仕事がある以上、やってもやらなくても誰も困らない。
失うモノがあるからこそ、何かを学んで進もうと人は考えます。
(少なくとも僕の場合は)


更にもう一つ、とても重要な疑問を持ちました。
我流でやることは3日坊主なのに、
なぜ会社での仕事はずっと続くのか?


給料が、というのももちろんあるでしょう。
でも、少なくとも僕は給料だけの為に働いていませんでした。
そうじゃなきゃ、年平均月150時間サービス残業とか、やらないです。



そこには仲間がいたから。
共に苦しみ、喜びを分かち合う仲間がいたから。
様々な会社で働いて来ましたが、思い返せば浮かんでくるのは、


ブラック勤務の職場での1年に1度の飲み会。
ベロベロに泥酔して何とか家に帰り、ベットでゲロゲロ吐き戻す中、


会社の24時間勤務の製造現場からの、

現場の人
いま不良出まくっているから来て!

(↑ちなみに今は深夜3時)

ウップ・・・ベロベロベロ、うげー


という、鬼の様な電話です。
現場は24時間で3班対応に対して、
技術の僕は24時間1人対応、殺す気か(笑)


でも、理由は分かりませんが、
彼らを憎む気にはなりませんでした。
彼らも僕と同じく大変なことは知っていたし、
何かそこに太い絆がありました。


やはりそこに、
信頼しあえる仲間がいたんだな、と思います。

今、世の中を見てみるとどうでしょうか。

ホメオスタシスを味方につけた人たち

・愚痴を言い合うだけの飲み会
・付き合いという名だけの飲み会
・何の生産性もない飲み会
(どんだけ飲み会がトラウマになっとるんだ(笑))



飲み会こそが諸悪の根源である!
(↑そんな訳ない)


冗談はさておき、僕が言いたいのはそこではなく、
同じく志を持った仲間と出会えるのが、
ネットの良いところです。


何をするか?よりも、
誰と一緒にいるのか?
が重要な時代となったと考えて良いでしょう。



ネットの実践コミュニティに参加する事は、
そうした志を共にした仲間と切磋琢磨できます。


冒頭で述べたホメオスタシスは、
変わろうとする対象を変わるまいと脚を引っ張ることになりかねません。



飲み会中に、
「勉強あるんでおいとまします」
と言おうものなら、
物凄い足の引っ張り合いがある事は目に見えてます。


だからこそ、
ホメオスタシスを既に味方に
付けている人たちと関わる必要があります。


彼らは呼吸をする様に作業をしています。

・作業が続くかどうか?
・上手くいかないんじゃないか?

そもそも、そう言った思考を持ち合わせていません。


とにかくやり込んだら何かが得られるだろうし、
中途半端にやったら、何も得られない。


成果、結果が欲しいというパラダイムで作業をしていません。
悩む時間があるなら作業をする。


そうやって毎日を積み重ねたら、成功できない方がおかしいです。


・・・。そんなマインドの仲間に囲まれながら作業をしたら、
そりゃ、難しい事を考えなくても勝手に上手くいきます。



ホメオスタシスを味方に付けた彼らはこう言います。

ホメオスタシスの効果


・21日間連続で続ければ、ホメオスタシスが味方になって、
今度は辞められなくなる。

・一人のホメオスタシスで太刀打ちできない場合は、
コミュニティ内のみんなのホメオスタシスで力を合わせて難局を乗り越える。

・頑張る程にホメオスタシスが働くので、
最初はホメオスタシスが働かない程度に緩くやる。



コミュニティ内で力を合わせるのは、
僕自身も同じ考えで、
あの人が毎日アウトプットしているのなら、自分も!という感じで、
切磋琢磨していました。


モチベーションが続かなくなってきたら、
また別の所に自己投資して、
またコミュニティ内で報告し合いながら切磋琢磨していました。


そうすることによって、気がついたら、
パラダイム(価値観)が真逆になりました。
行動しないで済ませる事が気持ち悪くなったのです。


常に動き続ける事が常識のホメオスタシスに変わったので、
止まることにフィードバック補正がかかる様になりました。


今後の僕がホメオスタシスを味方にしたいと思っているのは、


・常時前向き思考のホメオスタシス
・恐怖を感じないホメオスタシス


です。
人が上手くいかないのは全てネガティブ思考だと思っています。
その不安を感じること自体に違和感を感じる様な性格になったら、
百人力だろうなー。と思っています。


google Sponsored Link2


まとめ

今回は、ホメオスタシスの意味と実例、
更に3日坊主を辞めさせる3ステップということでお話ししました。


・ホメオスタシスの意味は、
変わろうとすることに対するネガティブフィードバックである事。

・3日坊主をや辞める3つの方法は、


① 21日間連続で続ければ、ホメオスタシスが味方になって、
今度は辞められなくなるので、それを信じて必死にやる

② 一人のホメオスタシスで太刀打ちできない場合は、
コミュニティ内のみんなのホメオスタシスで力を合わせて難局を乗り越える。

③ 頑張る程にホメオスタシスが働くので、
ホメオスタシスが働かない程度にやる。



ですね。
何より大事なのは、
志を共にできる仲間と関わる事です。


そして、その仲間たちに今から21日間毎日これをやります!と宣言する事。
彼らも継続することの大変さをわかっています。
だからこそ、胸を借りるつもりで頼ったら良いと思います。



まずは、
すぐ行動!という事で今何をするのかを、宣言してみて下さいね。


現在を今、その場で変えるから、
明日、そして未来が変わっていくのだと思います。

合言葉は、今すぐに(笑)!


他にも情報発信力を鍛える、心理テクニックがたくさんありますので、
読んでもらえたら、と思います。
情報発信力を鍛える100奥義リンク一覧はコチラ

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール