かいてき(カイ的・快適)ビジネス

中小企業、大企業の違いは?就職にも役立つ僕の経験論

Sponsored Link

「お客は意味不明。なんかバカ売れする商品ない?」

数日前、会社の社員食堂で聞いた言葉です。
でもこれは、うちの会社に限った事ではないと思います。
残念ながら、現在の日本では形だけの
顧客第一主義がまかり通っている気がしてなりません。


今日は、大企業と中小企業の違いについて、
大中小企業、ベンチャー企業を渡り歩いた僕なりの体験談と
どのような企業に就職したらよいのか?
その辺もお伝えします。



google Sponsored Link1

【ある大企業であった社員の話】


ある昼休みの事です。忙しかった仕事も一段落。
みんなでご飯を食べましょう。ということで、
社員食堂にて、雑談していたときのことです。



僕は、耳を疑うような出来事があったのです。


僕「課長、今、私たちは、医療系の市場に参入しようとしていますが、
お客様はどんな機能や性能を求めているのですか?」

(因みに僕は、工場技術者であり、顧客の声がわからないので、
興味で聞いてみた。その課長は、設計部署の課長である)



課長「いや、わかないんだけどね、でも、医者ってワガママらしいよ。
担当者は、言われるがままに受注をとって、すごく苦労しているみたい。」


僕「そうなんですね。わがままな顧客って良いじゃないですか。
彼らは何故そんなにワガママなんでしょうか。
(それがわかったら、僕たちの独壇場だし、価格も上げられますしね^^)」


課長「うーーん。どうなんだろうね…。」


僕「それって物凄い問題ですよ。顧客の情報を引き出すことをしないなんて。
(知ろうとせずに一方的にワガママなんて言っちゃダメです!
そこが我が社の問題だと思います。僕も含めて)」


50代の先輩「あのなー。白い人(医者)の
考えている事なんてわかんないんだよ!」


僕の直属の上司「そんな事、やったって意味ねーだろ!」


僕「…(お客様を差別なんてあってはならないことでは?)…」



非常に悲しくなったのと同時に、
この雰囲気というのは、会社全体に蔓延していると感じました。

それでは、会社のトップはどの様に考えているのでしょうか?


【ある大企業であった社長の話】



先日の社長の話をお伝えします。



私自身も、締切を意識して、【お客様起点の発想】で、
スピーディーに


そうした思いをもって、○○ショーに行ってきました。
(モーターショーみたいなもの)
個人的に驚いたのは、【○○という技術】です。


また、○○会社にも訪問してきました。
○○の素晴らしい点は、【○○システムを開発、提供してお客様価値を高め】
その結果、利益を生み出し、新たな【新規開発を行う】好循環です。

【将来の姿を自ら創る】という強い意志






どうでしょうか?
お客様起点と言いながら、
本人が感化しているのは、全て【技術】です。
そこに、お客様がどんな所に喜んでいるとか、
そう言った声が全く聞こえない。



技術、技術言っても、お客様が喜んだのか、
そこがわからないと、正しいのかわからないじゃないですか。


言葉では、顧客第一主義と言いつつ、
社長が顧客第一の思考になっていない。
非常に残念なことです。


ただ、この状況は、一企業の社長、
社員を責められるものではありません。
僕は日本社会全体の問題だと考えているのです。



【新時代のビジネスのお手本】


これまでの日本は、

高性能で安いものが売れてきました。


でも、ここ最近で言えば、

どんなに高機能、高性能でも、安くても、
顧客の心を掴まなくては、全く売れないのです。


逆に、一人ひとりのお客さんに向き合い、
超個別対応した商品だと、単価が高くても売れるのです。



今後は、

「作ったから売れる」

ではなく、

「顧客に求められるから売れる」


のです。


ここで一つ、会社を紹介したいと思います。
とあるコミュニティでお会いした、経営者の方で、

岡室さんと言います。

会社名:港製器工業株式会社
社長:岡室 昇志さん

(後ほどリンクを貼っておきます)



先日、

『大阪で人をいちばん大切にする会社111社』

に選ばれました。



彼がお話している、動画を拝見しましたが、
やってることが、本当に段違いです。



【お客様が本当に求めているモノを知る】


顧客の要求した図面を安く作るのではなく、
その図面で作れば、顧客の目標が本当に達成されるのか?
顧客と一緒に考える。そしてアドバイスする。


言われた通りに作るんじゃないんです。
顧客と一緒に作り上げていくんです。
そのためなら、あらゆるノウハウを提供する。


そんな超個別対応されたら、
お客様もファンになりますよね^^



これからは、岡室さんの様な会社が、
活躍していくな、と確信しています。



【大企業と中小企業の違い】



これからの時代、ますます流れが速くなるので、
大企業で、太刀打ちするのは非常に厳しいと思っています。

社会的影響力が大きい分、世論だとか、
過去のしがらみが多すぎるのです。


その点、岡室さんの様な中小企業は、
社長の理念を社員に伝えるのは早いですし、
個別の対応が可能となります。



大企業は、もはや安泰とは言い難いですが、
そうは言っても、30万人規模の企業であれば、
国は潰すわけにはいきませんから、そのような意味では、
中小企業よりは、安定しているかもしれません。
社会的信用とか、世間体も部があるでしょう。


僕の意見としては、
大企業だろうが、中小企業だろうが、どこに勤めようが、
そこで【何を学ぶか?】が重要だと思います。


その商品の技術、技能を学ぶだけでは勿体ない。
仕事を通じて、いかに人間力を磨き、魅力的になるか?
が重要だと思います。


特に、これからの時代、必要だと思う力は、
顧客視点です。



【自己満足の自我は置いておいて、
相手が喜ぶことを考え、行動する力】


これが重要だと思います。


最初の、僕の会社でのトラブル。
やり方間違ったな、と感じました。


google Sponsored Link2


【僕が会社に貢献したい事】


まず、僕の伝え方がまずかったです。
僕にその意思はなかったにせよ、
会社や個人を攻撃するような形になってしまった。


角が立つ言い方をすると、出る杭は打たれるのです。
それではどうしたら良いか?という事で、


その事件の後に僕も岡室さんを見習い、活動してきました。
僕はお客様と直接繋がれる機会は無いですが、


製造現場は後工程なので、ある意味お客様です。


これまでは、現場に半ば一方的にに指示を出していて、
お客様の声(現場の声)を積極的に聞いているとは、
とても言えない状況でしたが、


現場に仕事がないにも関わらず、
とにかく話を聞きにいこうと、足を運びました。


最初は、顔見知り程度で、
ミスをして怒られたくないからやる、程度のモチベーションだったのが、
会社を良くするために、お互い頑張ろう!現場はここをサポートするから、
僕にはこうして欲しいとか、前向きな意見が得られて、
本当にうれしくなりました。


意気投合して、あっという間に3時間が過ぎていました。
魂からシンクロできたな、と感じました。


この様なチームをモデル化して、
他のチームにも展開していったら、会社は間違いなく良くなる。
そして、顧客第一主義の思想を広めていける。


そのように感じています。




この様な活動を地道に続けて行って、
現場叩き上げの影響力を持っていけば、
役職とかの地位がなくとも、
会社を動かす事は十分にできると感じました。


【今の僕の活動】


僕は魂のシンクロ理論というものを通して、


・今の仕事に生きがいを感じ
・子育て、家族の不安を減らし
・就職活動においても揺るぎない信念を貫く


様な、生きている感触を強く感じる
そんな人を増やしたいと考えています。


(もちろん、自身のビジネスを起こしても良いです。
因みにネットビジネスは僕の得意分野であり、
非常に低いリスクで独立までのご案内もできます。)



新しく出会った方々が、生き生きとした眼差しに変わり、
「これから頑張れます!」と言って頂けるのは、
本当に嬉しいことです。いつも出会いに感謝しています。


今、魂のシンクロをテーマに、
自分で収入を増やす方法はもちろん、
豊かに生きる方法をみんなで考える、

コミュニティを運営しています。


どなたでも参加できますし、
いつでも退会できますので、
参加頂けたら嬉しく思います。

individualコミュニティの参加はこちら


最後になりますが、

岡室さんの理念はここで見れます。
http://buzip.net/osaka/minatoseiki/president/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール