かいてき(カイ的・快適)ビジネス

家事育児で感謝されない?夫の私が採用したい価値観

2016.06.14

Sponsored Link

僕が今後採用したい、価値観についての話です。
数ヶ月前、妻が何をしたら喜ぶのが全く分からずに暗中模索していました。
家事をして、育児をして。妻の為に何ができるか?と、
いつも感謝の気持ちを伝えて、体調を気遣って…。
 
 
でも、それは、妻の顕在的欲求であって、
本当に求めるものではなかったのです。
(潜在的欲求は、細部まで散らかりを整理する事でした)
 
 
結果的には、夫婦関係が改善されては来たのですが、
そこに行き着くまでに、沢山悩み、もがき、苦しみました。
その中で、役に立ったな、と思うことをシェアします。

google Sponsored Link1

 

【どうして感謝されないのか?】


僕はとにかく妻を喜んで貰おうと、ずっと家事をしてきました。
でも、時間をかけて頑張る程に疲れてきます。
それにも関わらず、妻からは全く感謝の言葉が出てこない。
 
 
この時も沢山の方に相談しました。
(いつも相談に乗っていただき、本当に感謝しています)
 
 
・半年前のマイナスポイントの借金が返せていない?
・妻の喜びのツボにハマってない?
・修行なんだから、そんな簡単に結果出ないでしょ?
 
 
そう言う事かー。と納得しました。
僕の場合は、相手の変化や、その先の明るい未来を想像した時に、
負の感情はリセットされて、前に進むだけ!ってなるのですが、
 
 
どうやら妻はそうでは無いらしい。
感謝ゲージなるものがあって、どんどん感謝ポイントを貯めて行くのです。
満たされて溢れた時に反応が見られるのですが、
僕の場合は感謝ゲージの底に穴が開いている、マイナスの状況だったのです。
(そう簡単には満たされない)
 
 
そこで取り入れた価値観は、
これは人生の修行だし、今後、きっと役に立つだろうから、
ひたすら続けよう、と考えるようになったのです。
 

【感謝の言葉は求めて良いものなのか?】

そして、もう一つの考え方がありました。
感謝ポイントを無理やり感謝の言葉に変換しない、という事です。
 
 
それは、相手に感謝を求めると言うことで、
感謝ゲージのバケツをひっくり返す様なものです。
 
 
そうではなくて、バケツに感謝ポイントを貯めて、
溢れた所だけチョットいただく。
 
 
『人生の修行と捉えるとある程度は我慢できるかも知れないけど、
感謝して貰えないのは辛い。』
 
 
もしかしたら、そう考えるかも知れません。
僕もそれが原因で疲れてしまったんですね。
そこで、こんな価値観を採用してみてはどうでしょう。



google Sponsored Link2



【感謝ポイントをクラウドにストックする】

【感謝ポイントをクラウドにストックする】
 
です。
 
感謝ポイントを具体的な出来事に変換せずに貯めておくのです。
相手の為になる事をしたら、
感謝クラウドに貯まった!と考えるのです。
 
 
今回はクラウドと言っていますが、
それは、神様と言ってもでも構いません。
 
 
お天道様が見ている、という言葉がありますが、
神の存在を自分の中で定義し、そう見立てる事で、
心が落ち着くなら、それを採用したら良いのです。
 
 
神様がいる、とか言うと、宗教臭い!とか思うかも知れませんが、
神様の存在の可否はどうでも良いのです。
 
事実、多くの方が、初詣に行ったり
おみくじを引いたりしてますよね。
 
 
普段みんなが使っている、神様がいるように見立てて、
感謝はされなくても、神様は見ていてくれてる。
と、考えるのです。
 
そう定義した時、
無理やり感謝の行動に相手を移させてしまったら、
もったいないな、と思う様になりました。
 
 
これは、夫婦関係に限らず、すべての事柄に通じるものです。
 
 
特に夫婦関係においては、
やって貰った家事などに対して、感謝を表現しなきゃ!と
行動に移す事は少ないです。
特に男性の場合。
 
 
ひたすら、感謝ポイントをストックして行きましょう。
パートナーが愛で満たされた時、
膨大な喜びのエネルギーが帰ってきますよ^ ^
 
 
ビジネスで大成功したとか、
お金がたくさん手に入ったとか、
そんな次元ではない喜び、幸せに溢れます^ ^
 
僕はこの価値観を当たり前に
できるように日々意識して生きていくし、
これを読んだ人が、何かを感じ、
前に進む事ができたら良いな、そう思って書いてみました。
 
 
PS
誤解の無い様に伝えると、
お金は生活の土台なので、最低限は必要です^^

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール