かいてき(カイ的・快適)ビジネス

夫婦関係の修復方法 僕がどうやって改善したのか

2016.05.20

Sponsored Link

先日、とある方の夫婦関係の相談に乗りました。
 
かなり修羅場的な、大変な状況でしたが、
その方と夫婦関係の電話した時に思ったのは、
奥さんも、旦那さんも家族を良い方向にしたい、
という想いは同じだな、と思ったのです。
 

google Sponsored Link1

奥さんは夢に向かって進んでいるけれども、
その先に家族の幸せを見ていたのです。
 
でも、旦那さんには奥さんの想いが
伝わっていないとの事でした。
 
重要なのは伝えた、ではなく、
相手に伝わったか?ですよとお伝えしました。
 
 
夫婦関係は本当に難しいです。
問題が出ない方がおかしい。
 
 
僕も例外に漏れず、沢山の問題がありました。
 
毎日、ろくに目を合わせず、
 
 
「はっきり言って、あなたは気持ち悪い…。近寄らないで」
と言われた事もあります。
 
僕はその頃、自分の人生を賭けた
テーマに気付き始めた頃でした。
 
 
そんな中、
「旦那の夢を応援できない妻って…」
と思った事もあります。
 
そんな残念な状況でしたが、
妻に心を尽くす事で段々妻の心が暖かくなってきました。
 
 
そんな僕の経験をお伝えします。
 
 
 
半年前、妻は僕の話に聞く耳を持ってくれませんでした。
何を言っても裏目にでて怒りを買い、
会話さえもマトモに出来ない状況。
 
 
そんな中、唯一言われたのは、
 
「やりたい事やるなら、最低限の家事はやってよね」
 
そこで僕は、
文句を言われないように、
完璧にやってやろう、と思いました。
 

google Sponsored Link2


その結果、どうなったかというと、
上手く行きませんでした。
 
 
僕は、
「これだけやったんだから、
妻は喜んで、応援してくれる筈!」
と、心の底で求めていたのでしょう。
 
 
妻はその僕が求める姿を察知してか、
「そんなの当たり前でしょ?」
といった感じ。
 
 
僕は、これだけやっても感謝さえしてくれない妻に、
疲弊したのです。
 
 
その後、沢山の方に相談してアドバイスを頂き、
妻が何を求めているのかを探す事にしました。
妻は分担した家事をしてくれれば良い、と言っていましたが、
それは、妻が求めているものでは無かった様なのです。
 
 
妻が求めるものは一体何なのか?
試しては違った、試しては違った…。
の繰り返しをしている中、
 
 
僕がオヤツを食べた皿を放置したところ、
即座に片付ける妻の姿が…。
話を聞くと、帰宅した時に家が散らかっているのを
目にするのがイヤ、との事。
 
 
これだ!と思い、それから、
朝、妻が家を出てからたった10分だけですが、
ベッドメイキングとか、玄関の靴を並べるとか、
部屋を少しだけ片付けるとか、
 
 
帰宅直後に家が片付いている様に感じる様に
本当にチョットだけ工夫したんです。
 
これが当たり!でした。
 
みるみるうちに、妻の表情が変わり、
息子への対応もどんどん優しくなる。
(当時、子供に非常に厳しかった)
 
これまで、帰宅後に部屋が片付いていない事で、
潜在意識的にダメージを受けていたみたいなんです。
 
 
それからは、
多少、僕の家事が出来なくとも、
イライラする事もなくなりましたし、
仕事の事、ビジネスのこと、
何でも気軽に相談できるようになりました。
  
 
愛が深まったのは言うまでもありません^^
 
 
僕が何を意識したのか?というと、
何も特別な事はない、コミュニケーションです。
 
 
半年前、余りの仮面夫婦っぷり(でも表面上は仲よさそう)に
これ以上先延ばしに出来ない、と
逃げずに妻に本音を聞いた時から始まりました。
 
 
それがコミュニケーションの始まりです。
大いなるスタートです。
(勇気が必要だったし、非常に厳しい事も言われました。)
 
 
・どうやったら話を聞いてくれるのか?
・何をしたら喜ぶのか?
・例え機嫌を損ねても家族の為に言うべき事は言う。
 
 
自分のその行動に対する妻の反応を見て、
試行錯誤を繰り返したのです。
 
 
僕の言葉、想い、行動に対する、
妻の言葉、表情、行動の変化、考え方の変化を見ていました。
 
 
伝わったか?伝わってないか?
喜んだか?怒ったか?無関心?
僕以外の人に対する反応は?
 
 
ひたすらコミュニケーションです。
妻の感情と言うよりは、妻の魂や、
潜在意識とのコミュニケーションですね。
 
 
表面的な感情、即ちニーズではなく、
湧き上がるウォンツに耳を傾けてきました。
 
 
そうやって少しずつ変化を見ていたのです。
もし、この記事を読んで、夫婦関係を改善したい
と思う方がいるかも知れないので、
 
少しだけテクニック的な話をすると、
 
親分肌(ファミリー思考)の性格の人は、
外に目が行きがちです。
義理堅く、外の人には人情、筋を通しますが、
内側にはルーズな事が多いので注意が必要です。
 
 
また、僕の妻はあまのじゃくです。
ストレートな感謝表現に対してはねじれて反応します。
 
「感謝してるよ〜」
→「態度で示せば?」
 
「これやっておいたよ〜」
→「そんなの頼んでない!」
 
そんな時はあえて逆を言うのです。
 
 
「これやっちゃったけど、余計だった?」
→「いやいや、感謝してるよ」
 
「どうせ私なんて役に立たないから…」
→「いやいや、助かるよ」
 
破壊力バツグンなので、
乱用厳禁です(笑)
 
 
言われた事の反対を言うカワイイ
あまのじゃくですが、
 
 
行動とか、表情は隠せません。
注意深く観察すると見えてきます。
 
 
 
また、あまのじゃくは無意識に人とは逆の意見を選択してしまいます。
従って、人に理解されずに生きてきた所があるので、
認めてもらいたい欲求が強かったりします。
 
 
なので、しっかりと向き合い、
認めて上げて、頼ってあげると喜ぶ傾向があります。
 
 
 
あまのじゃくのパートナーの場合は
理解できずに苦しむ事が多いので、
参考にしてみてください。
 
 
 
お役に立てれば幸いです^^

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール