かいてき(カイ的・快適)ビジネス

人の欲望の種類と進化 鋼の錬金術師 強欲グリードに学ぶ

2016.01.09

Sponsored Link

先日、鋼の錬金術師を今さら読んだのですが、
人の欲望と成長(進化)について、学びがあったのでシェアします。




ここで、人の欲望の種類は…。とうんちくを話しても、
面白くないと思うので、割愛。
定義を知ったところで役に立たない(笑)

google Sponsored Link1

【人の欲望と強欲のグリード】


鋼の錬金術師で欲望と言ったら、
最初に挙がるのが、強欲のグリードでしょう。


彼の説明をすると、
あらゆる欲望を持った主人公の敵です。


欲望にまみれた人間(生命)と言うよりは、
欲望が人生におけるキーワードなんです。



だから欲望に素直で貪欲です。

地位、名誉、お金、見栄など、
人間が持つであろう、あらゆるモノを欲していて、
ラスボス(味方)の能力まで手に入れようという(笑)



そんな、なんでも欲しがる【強欲】グリードさんの、
成長ストーリーが鋼の錬金術師では、描かれているのです。


【欲望を追求した先にあるモノ】


グリードは、人間ではありません。
いわば、精神であり、
主人公の味方の皇太子リンの身体を乗っ取ろうとします。


リンは、不死身(に近い)能力を得たかったので、
グリードを受け入れました。


そこで、敵同士だけど、身体は一つという、不思議な関係になりました。


リンの精神に触れたグリードは、
大きく成長します。

元々の強欲さは変わらないのですが、
その欲求の内容が、

・仲間からの信頼
・大義を成し遂げる志

などに変わったのです。
「世界の王になる」と欲望をあらわにしていますが、


この時点での彼の欲求は、
人の上に立つ優越感、自己顕示欲ではなく、
全ての民が幸せに感じる姿を欲する様になったのです。


もはや、欲望と呼んで良いのか?というレベルです。
その世界の王の実現の為に、
ラスボスを裏切るという(笑)


実はその後、
グリードは身を呈してリンを助け、
死んでいきます。


そう、グリードは、
自分の命よりも大事な欲望を見つけたのです。


作中では、
「おれが欲しかったのは仲間だったんだ…」


と、言って何となくもやもや感じ取っていたモノに気付きました。


でも、僕が思うに、グリードは、
もっと心の奥底の部分では、



自分の命を投げ打って、
リンを助ける事で、リンの精神に自分の意思が残る。


リンが皇帝になった時に、
自分の意思がリンに影響して、結果として、
国が繁栄し民の心が満たされるのではないか?


そうやって自分の精神が完遂されると考えたのだと思います。
自分の死は一時。でも精神、志が生き続ける。


そう言う悟りに到達し、納得して死んでいったのだと思います。

google Sponsored Link2

【人間の成長は再定義にて行われる】




グリードの欲望のレベルが、

目先の欲望
から
大義を成し遂げる為の欲望


に変わった様に、
言葉が再定義された時に、人は成長を実感できます。


僕自信、人生の成長の段階として、

4.欲望のステージ
3.願望のステージ
2.貢献のステージ
1.使命のステージ

と教わって来ました。
先のステージに行くほどに、
自己満足から、他者貢献になる。


でも、その考えを完全には理解出来ませんでした。
自分の目先の欲望を全て捨てる事が出来なかったのです。
でも、欲望にまみれるのはカッコ悪い、みたいな。


自我を無くして、誰かの役に立とうとまい進するのはボランティアです。


感謝されたり、認められたりすれば、
自己承認欲求が満たされ、
ボランティアの活動にもある程度納得がいきますが、


この、自己承認欲求さえも捨ててしまっては、
とてもじゃ無いですが、ボランティア出来ません。



そこに必要なモノは、更に高次元の欲望です。
それは、先ほどグリードを例に出した、
志の完遂だったり、
世界を良くする為の精神が永遠に生きる事です。


世界に貢献する事が、自分が嬉しいから活動する。


思考の次元に違いはあるにせよ、
あくまで自分の欲求に従って活動すると、
納得できた時、
自分の活動に自信が持てる様になったのです。


既存の言葉を自分の解釈で再定義する事で、
自分の欲求に嘘をつかずに思考のステージを上げていく。
これって凄く重要だなー。と感じました。

最後に



思考のステージが上がるほどに、
理想に対する自分の現実に打ちひしがれ、
自分とは一体なんなのか?
と、アイデンティティークライシスに陥ってしまいます。



自分の現実を認め、許してあげる。
そうやって自分を満たしてあげる事で、
エネルギーのベクトルが、他者貢献に向かうモノだし、
等身大の自分だからこそ、理解者が現れるのだと思います。


最後までお読み頂き、
ありがとう御座いました。


この記事を読んだあなたが、
何かに気付き、人生が良い方向に向かう事を
心よりお祈りしています。


じゅんぺい

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール