かいてき(カイ的・快適)ビジネス

ロキソニン痛み止めの仕組み ビジネス的視点を加えてみた

Sponsored Link

今回は、ロキソニンの痛み止めが作用する
仕組みについてお話しします。

google Sponsored Link1


【ロキソニンの痛み止めが効く仕組み】


痛みというのは、生きていく上で、
身体からの信号として必要な物ですが、
必要以上に痛み物質が出ると活動が出来なくなるので、
ある程度抑え込む必要もあります。



風邪などの病気、怪我などの炎症により、
痛み物質が生成されるのですが、
その痛み物質の一つが、


プロスタグランジン

です。

このプロスタグランジンが脳内で放出されると、
体温が上昇したり痛みを増大させるのです。



そこで、プロスタグランジンを抑制したいのですが、
ロキソニンが作用するのは、


プロスタグランジンを生成する、
シクロオキシゲナーゼという酵素に対して作用します。


シクロオキシゲナーゼを阻害することで、
プロスタグランジン合成を抑制する事が可能なのです。


よって、プロスタグランジンを抑制できて、
熱も下がるし、痛みも引くのです。


以上が、ロキソニンが痛み止めとして
作用する仕組みの簡単な解説です。


google Sponsored Link2



【この仕組みをネットビジネスで見ると?】


この現象を僕が2年間実践している、
ネットビジネスの視点からお話しすると、


自分の世界観に合わない読者は、
自動的に淘汰していく感覚に似ています。



どういう事かと言うと、
メルマガなどで情報発信していると、
どうしても僕の理念に合わない人が紛れ込んでしまいます。


そういった人が増えるほどに、
作り出したコミュニティの場が乱されてしまうのです。



簡単な例で言えば、
オシャレでお酒をたしなむ高級レストランで、
汚いサンダルを履いた酔っ払いが、
他のお客さんに絡んでいる様なものです。


レストラン側では、そう言った
招かざる客は、退出願うのですが、
メルマガでのやり方は、


自分の理念と、理想の世界観を打ち出す事です。
すると、その理念に共感できる人からは、
もっと繋がりが強くなるし、


逆に理念に合わない人は、
居心地が悪くなって、コミュニティから去って行くのです。


招かざる客は今回で言う所の、
シクロオキシゲナーゼという酵素
であり、


それが、クレーマーという名の、
プロスタグランジンになってしまうのです。


そうならないために、
理念を伝える(ロキソニンを飲む)
事により、秩序を保つと言うのとですね。



【さいごに】


今回はロキソニンの痛み止めの仕組みに関して、
ネットビジネスに絡めてお話ししました。


情報発信においては、
いかに、自分の理念、世界観など、
自分の色を出せるかが重要になってきます。


ロキソニンと同様に、
仕組みを考えて、戦略を立てることが
必要です。

身体と同様に、
しっかりケアをして
もらえたらと思います。


ネットビジネスに興味を
持って貰えたら嬉しいです。

それでは、本日もありがとう
ございました。


じゅんぺい

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール