かいてき(カイ的・快適)ビジネス

ライティング能力を上げるテクニック

Sponsored Link

こんにちは、山口純平です。
今年の年始は出かける用事を作らなかったので、
家でのんびりしています。


料理や掃除をしつつ、時間が空いたので、
たまには、という事で、近くの県立公園に足を運びました。


1月とはいえ、日差しが強く、コートを脱いでメールを書いています。
都会の喧騒から離れて、鳥のさえずりを聞きながらの文章作成は、
本当に気持ちが良いものです。

google Sponsored Link1


さて、今日は何を書こうかな〜と考えていますが、
少し具体的なテクニックについてお伝えしようかな、と思います。


・・・。少し悩みましたが、やっぱり多くの人に伝わるのはライティングかな、

という事で、僕が現在使っている、
ライティングについてお伝えします。


僕が普段から考えていることは、『違い』と『共通点』です。

・上手くいく人の共通点は?
・残念な人と上手くいく人の違いは?


今回は分かりやすく『人』としましたが、
自分の成功パターンと失敗パターンでも良いです。


成功パターンをいくつもリストにあげて、紐解いていくことで、
公式が見えてきます。この公式がグランドセオリーであり、
本質だ、という事です。


例えばレストランに行った時に、
店員さんの対応を見たりします。

段取り良く動いている人もいれば、
そうで無い人もいます。
その違いは何なのか?を観察します。

そうやって見ていると、
一人は行きと帰りに必ず何か皿などを持って行くのに対し、
もう一人は、片道しかものを持っていなかったりする。


忙しかったとしても、印象の悪い店員と、良い店員がいるのはなぜか?

・一人は間違えない様に考えるあまりに、お客さんを見れていない
・もう一人は作業が数秒遅れてでも、お客さんと向き合う

とか。
逆に気持ちが良い店員の共通点は?
例えば、忙しくても、ちゃんと目を見て挨拶してくれる、とか。


印象や人当たりの良さは、セオリーに当たる部分なので、
他の業種にも生かせますよね。


そうやって、
事例集め → セオリーの発見 → 横展開
を『違い』と『共通点』から見つけます。


そうやって見つけた自分の発見を提供することで、
誰も気づかなかった事を、読者に提供することになります。
僕はコンテンツをそうやって作って行きます。

google Sponsored Link2



そして、こういうモノは、ヒラメキが命です。
左脳で考えても出てくるものではありません。
右脳、直感で出てくるものです。


ブレインストーミングとか、みんなで話しながら、アイディアが出てくるのは、
話しながら多くの意見を良い意味でぶつけて、
昇華させる作業です。


誰かと話しながら素早く情報をやり取りするから、閃くのであって、
文章を上手に書こう、と考えながらやると、
閃きに思考を回せないので、アイディアが出てこない場合が多いです。


なので、文字情報など、何かアウトプットしようと思ったら、
素早く出す事が重要です。


僕がやっているのは、


・誰かと話しながら、アイディアを拾って行く
・散歩しながら録音する
・スマホの両手フリックで高速打ち


で思考をすぐに記録出来る形にします。
これを意識するだけで、文章力が格段にアップするので、
ぜひやってみてください。


まとめると、

・物事の『違い』と『共通点』からセオリーを見つける
・右脳を使って考えをアウトプットする

ですね。


『違い』と『共通点』の理論は、
仕事、恋愛、子育て、ビジネス、何にでも使える考え方なので、
普段の生活でもぜひ活用してみてくださいね。


ではでは。

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール