かいてき(カイ的・快適)ビジネス

バンドワゴン効果の意味と実例と最大限生かす4ステップとは?(奥義012)

Sponsored Link

バンドワゴン効果の意味については、
ネットで見れば出てくるものの、これをどう使ったら良いのか、
具体的な事例が殆んど載っていない様です。

確かに「みんな持ってるんだし、買った方が良いよ!」
って伝えても、そもそも

人にモノを伝える際は、その人が気づいていない新しい価値を提供する必要があります。

「いやいや、それは、百円ショップでサランラップが売ってるから、
買おうぜ!って言ってもそりゃ知ってるし・・・。」

となってしまいます。

モノを買うのは、新たな価値 プラス みんなが持っている事が必要十分条件です。


そんなみんなが持っているから自分も・・・という、
バンドワゴン効果のキモはどんなものでしょうか。

それは、いかに相手が知らない価値を、
みんなが既にやっていると伝えることが出来るか?
です。


今回の記事では、僕の実例を元に、
どの様にバンドワゴン効果を使ったら良いのかを解説します。

google Sponsored Link1

バンドワゴン効果の黄金パターン

バンドワゴン効果の使い方の大枠は、


・自分の目指したい未来(新しい価値観)
・それを阻む仮想敵(古い価値観)

を定義して、
目指したい未来側の人間がどんどん増えてますよ〜という風に、
増えてきている感をだします。


新しい価値観を採用した時の明るい未来を沢山語るのと同時に、
古い価値観側のダメな部分をひたすら語り、
価値観を変えるのに必要なアイテムをサッと差し出します。


そして、そのアイテムは、新しい価値観の人がみんなが当たり前に持っているものだと伝えます。

それでは、以下、僕の実例をお伝えしますね。


バンドワゴン効果の実例

僕は常日頃より、情報発信する事が人生を良くする最善の策だと考え、
お伝えしています。


情報発信力があれば何でも出来ます。

・自分のブログの広告収入
・ブログ構築のコンサル
・実店舗集客


情報発信は集客だけに留まる事はありません。
それだけ読者の心を掴むのですから、
文章だけでモノを売ることも出来ます。


僕が作っているブログは、
読者の心を掴む様な心理テクニックを解説していたりします。


情報発信はモノを売るためのものだけではありません。


自分の仲間を増やし、そして、
自分自身へ問いかけるという目的もあります。


・心の底で本当に思っている事
・自分らしさとは?
・自分は何がしたいのか?
・自分の進むべき方向は?


など、情報発信を通して、
己を知り、日常生活に生かす。
そしてまた、日常生活から情報発信のネタを探す。


そうやって、人生のステージを上げていく事が出来るのが情報発信です。


こうした人生のステージをあげようとする人が増えれば、
世界が良くなると確信しています。

たまたまふらっと立ち寄った喫茶店のマスターの話から人生の本質を学び、
また、映画を見ながら本当に自分が何をしたら良いのかを悟ったりする。


そうした日常に成長のヒントがあることを
知る事が出来ます。


そういう世界を目指すために僕は情報発信をしていますが、
もちろんそれを阻むものがあります。


それは、
情報弱者をむさぼり食う業界(インフォ業界)の闇です。
心理学を応用した情報発信は、
正しく使えば人を幸せにする事が出来ますが、

やり方によっては、搾取することも可能なのです。

詐欺師は99パーセント正しい

ネットビジネスを見ていると、上記の様な闇を見ることがあります。


甘い言葉や、心理誘導を行い、
相手をどんどんマインドコントロールしていく。
確かに言っていることは正しいんです。
最後の1パーセントまでは。


その1パーセントに気付かないから恐ろしいんですね。
本人は喜んで相手の要求に応えてしまいます。


だからこそ、こうして心理学テクニックを活用した情報発信力を鍛える方法をお伝えしているのですが・・・。




僕たちがそうした洗脳から身を守るのは以下の2つの方法があります。

それが、
・自分の情報発信の力を鍛え、操作する側の人間の思考を知る事
・よりステージの高い仲間と繋がり、おかしな時に指摘してもらえる事。

です。
情報発信力を鍛えるのは、こうした身を守るのは術を身につけることでもあります。


ただ、僕自身は上記の損をしないための護身術という気持ちよりは、
豊かな人生を送るために、情報発信力を鍛えて欲しいと思っています。


情報発信力を鍛える事にコミットすると、


・毎日の生活が変わります。
・楽しくなります。
・全く同じ行動をしていても、得られる気づきが100倍違います。
・生き方が変わります。
・その結果、人生が変わります。


それは、ごくごく当たり前の事です。
自分の人生を考え続け、読者の人生を良くするための行動をするのですから。
変わらない方が寧ろおかしいのです。


僕にはそうした仲間がいるコミュニティに属していますが、
彼らの中に入ると、人生をコンサルして貰ったり、
逆に自分がコンサルをしたり・・・。


その場に行けば、自分の課題が見えてきて、

『いつ変えるんだ?今でしょ!?』
と変えるための意欲というエネルギーをもらって帰ってきます。


お金が無いとか、そんな事は些細な事だと思えてしまう程に、
不安が解消し、後は目標に向かって突き進むだけ、になります。


全ての失敗は不安から始まる、と言われる通り、
不安が無ければ、失敗を失敗と感じない様になります。


例え失敗したとしても、
「こうやったら上手くいかない事を知った」

と思うだけです。
そういう気持ちで日々やっていれば、
成功できない方がおかしいです。


今はまだこのコミュニティ自体は100人程度で大きくはありませんが、
続々と参加者が増えていて、とても楽しい雰囲気になっています。
これは、一時的なワクワク的な感覚ではなく、


じんわり温まる様な、揺るぎない感覚です。


こうした人達がこれからもどんどん増えて、増えて、いつしか
オセロの様にひっくり返り
それが当たり前の世界になったら良いな、と思っています。


google Sponsored Link2


復習とまとめ

今回の事例では、バンドワゴン効果の使い方を解説しましたが、
キモとなるのは、


理想の未来を語るのと同時に、
自分とは真逆の価値観を表現する事です。
闇が濃いからこそ、光がより輝くんですね。


明暗をクッキリさせて、
光に行くためのアイテムを差し出す。
そして理想の未来に到達しようとしている人がたくさんいる事を伝えます。


バンドワゴン効果は、
最後にサラッと言う程度でOKです。
少数派の意見を伝えようとすればするほど、
必死になり、不自然になります。


あくまでも自分のストーリーに混ぜ込んで自然な形で語るのが、
読み手にとっても負担にならず、
受け入れて貰いやすくなります。


くれぐれも、
「だーいじょうぶだってーー!みんなやってるんだしーー!」
みたいなあからさまなのはしない様にしたいですね(笑)

他にも情報発信力を鍛える、心理テクニックがたくさんありますので、
読んでもらえたら、と思います。
情報発信力を鍛える100奥義リンク一覧はコチラ



google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール