かいてき(カイ的・快適)ビジネス

コーチアウトレット専用のメンズバッグ 戦略は進撃の巨人

Sponsored Link

先日、アウトレットでコーチアウトレット専用の
メンズバッグを買ってきました。

google Sponsored Link1

そのバッグのインプレと、
コーチの販売戦略について、
考えて行きたいと思います。

【買ったのはこのカバン】


買ったのは、以下の写真のもの。

feb



acg



>efea

価格は元値が7万円くらい。
購入価格は、16934円。

牛革製。メイドインベトナム。

皮革製品でこれだけ安いのは、
やっぱりお手頃価格だと思いますね。


コーチにはそれほどブランド力は感じませんが、

丈夫で長く使える皮革製品は、
やっぱり良いですね^ ^


【やはりコーチアウトレット専用】


牛革とは言え、質感は少し悪いかも知れません。
ゴワゴワしていますし、

カバンの内側は、安そうな素材で作られている気がします。


efbea


アウトレットで買えるコーチのカバンは、
アウトレット専用なんですね。


それなりの質感です。
だから、余り多くを期待してはいけないです。


【コーチアウトレット専用かどうかの判断基準】


コーチアウトレット専用品かどうかの判断は、
製造国と、型番でわかります。


僕が買ったのは、ベトナム製だし、
型番はFから始まるもの。
これが、アウトレット専用品であることの証になります。


ebefe



【コーチアウトレットの販売戦略】


コーチは、アウトレットと正規品を完全に分けています。
正規品で人気のあったものを、
安い素材を使って作り直すのです。



そのため、アウトレット専用品として、原価を元々安くして、
アウトレットで販売しているという事です。
アウトレットでの商品が、毎回50〜60%引きで、
さらに30%引きのチケットを配っているのは、


売れ残りで激安にして、叩き売っているわけでは無くて、
最初からそれだけ安いのです。
アウトレット専用品は最初からやすいのです。


それが、あたかも最初から値段が高いと思わせておいて、
思いっきり値引きして売る。
だから購入者は得したと勘違いするのです。


僕としては、値引きありきで販売するコーチにはブランド力を
全く感じないのですが、


それでも、本革を使っていて、
丈夫な事もあり、実用品として購入しているのです。


ただ、デパートなどにある、
高級ブランド店舗の中にはもちろんコーチもありますので、
(こちらは、素材も厳選しているので、価値はあります)


コーチ正規店で買えない人が、
アウトレット品を買って満足するのだと思います。
販売の理屈は理解出来るのですが、
アウトレットでは、叩き売りをしている為、



街中でコーチを見ると、
ああ、あの激安のコーチだね。
と、感じてしまうので、



ブランド戦略としては、
あまり上手くいっていない気がします。


google Sponsored Link2


【販売戦略は進撃の巨人】


ここ最近、進撃の巨人が大ヒットしていますが、
コーチの販売戦略と、進撃の巨人には、共通点があります。
進撃の巨人のあらすじを簡単に書きますと、




人類と、巨人がお互いの生存をかけて戦う物語なのですが、
巨人の正体は不明なままストーリーは進んで行きます。


その中で、ハンジという人間が、
倒れた巨人の首を蹴った事があるんですね。
その時の感触は異常に軽かったという事。巨人の大きさに対して、
余りにも軽かったのです。


123


そこで、ハンジは、
巨人は何かしらの技術を使って、
現物以上の体積をもたせているのではないか?


そのような仮説を立てているのです。


これは、
現物よりも大きく感じさせようとトリックを使っていると
いう事ができ、この事がコーチと繋がるのだと思います。


コーチの場合は、

実際には原価は安いにも関わらず、
定価を釣り上げ、元々は高いものなんだと顧客にすり込みます。
それで、余りの値引き率の高さにお得感を感じて、
顧客は購入のするという事です。


進撃の巨人と全く同じだと思いませんか?


元々それ単体ではそれほど価値の高くないモノを
情報操作によって価値を高める、
これは、ネットビジネスにも同じ手法が見られます。


影響力の武器という書籍で読んだのは、
とある観光地のお土産屋さんで、
1000円の商品が全く売れなかったで、
半額の500円にしようとした所、
誤って5000円と書いてしまいました。

そうすると、何故か飛ぶように
その商品が売れてしまったのです。


これは、
「値段が高いから価値のあるものだ」
と価値を見出した客が、
どんどん購入していったのです。


高いもの=価値のあるもの

という、先入観が、顧客に行動をとらせたわけです。


コーチの例で言えば、
例え、アウトレットで質感が
正規品より劣っていたとしても、

ブランド品の、普段手に入らない様な
高価な革製品がアウトレットで格安で手に入り、
得をした、という所に価値を感じるのです。


これが、コーチの販売戦略なのです。



【さいごに】


いかがでしたか?

今回の記事では、
僕が先日買った、コーチアウトレット
専用品のメンズバッグのインプレと、

アウトレット専用品の見分け方、
そして、販売戦略の進撃の巨人との共通点を見出しました。


楽しめて頂ければ幸いです。


じゅんぺい

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール