かいてき(カイ的・快適)ビジネス

コナミスポーツ子供の体操 習慣にして大人を超える3歳児

Sponsored Link

今回は、コナミスポーツの、子供の体操に関してお話ししようと思います。

現在は、体力が有り余り過ぎて、
父親の僕よりも体力がついてしまいました。その理由についてもお話しします。

google Sponsored Link1



【コナミスポーツの子供の体操でやる事】


現在は3歳児クラスに在籍しています。
プールと体操を合計2時間、

週に1回実施しています。

プールでは、細かくクラス分けされていて、
大体1クラス8人くらいですね。

対して体操は、20人くらいでクラス分けせずに指導されます。

体操のカリキュラムは、
半年周期で、

・鉄棒
・跳び箱
・マット
・縄跳び
・ボール
・平均台
・トランポリン


を順繰り練習していきます。
もちろん3歳児ですから、
初めから全てができる訳ではありません。

そこで、実施するのは、具体的なやり方の前段階の物を行います。

例えば、鉄棒であれば、

・握る
・握ってジャンプ
・握りながら左右に歩いて移動
・足をつけてぶら下がる
・ぶら下がる
・逆上がり補助台を使って登る
・鉄棒に乗る


など、
前回りや、逆上がりの基礎となる部分の練習をおこないます。



プロのスポーツインストラクターに指導してもらえますし、
もちろん、子供達が楽しく出来るように、手遊びや、
音楽に合わせた踊りなど色々と工夫されているので、
小さなお子さんでも、安心です。



また、静かに並んだりする事もあり、
社会性を身につける良い訓練になります。



【体力面でものすごい効果】


器械体操など、個人では出来ないカリキュラムが沢山あって、
独自の良さをもつコナミスポーツですが、
利点はそれだけではありません。


体力面の向上が期待出来ます。
一般的には、2時間子供と遊ぶと大人はヘトヘトになってしまいますが、

コーチと親で別々に遊ぶ事で、
子供にとっては長い時間遊ぶことが出来るのです。



例えば、我が家のいつものスケジュールとしては、

午前中2時間かけて、
県立公園でストライダー(ランニングバイク)で2キロ走り、
(父親の僕はランニング)



午後の2時間はコナミスポーツで、
プールと体操


午後の3時から2時間は再び
公園でストライダーと、

1日に6時間も運動出来るのです。
体力が付いて当たり前の環境です。



しかも平日は保育園の帰りは、
親が自転車、子供は駆け足で帰宅しますから、
そこでも体力作りが出来るのです。



…。それなら3歳児でも親より体力があるのは当然ですよね(笑)


google Sponsored Link2


【大成するには継続を習慣に】


息子を見ていて思うのが、
これだけの運動を空気を吸うかの如く、楽しく習慣にしてしまい、
継続出来ているのは凄い、と言うことです。


筋トレでも、ダイエットでも、
結局成功の秘訣は、継続する事です。
そして、その継続は、習慣化させてしまうことで、
当たり前に実践出来るようになります。



僕がネットビジネスで副業なのに、
本業を超えることができているのは、

作業を当たり前に習慣化させて、
継続しているからに他なりません。



子供の場合は、自分で制御出来ないので、
親のサポートが必要ですが、


大人の場合は、自分自身で、継続できる環境に身を置いたり、
意欲を高める事が可能です。



自分が成長できれば、
継続する事は意外と簡単です。
自身の成長により、当たり前の基準が上がっていく感覚です。

まずは、親が継続の大切さを感じる事、
その効果を実感する事が大切です。



そして、この継続力に関しては、
子供には早いうちから体感させてあげる事が、
将来に繋がる事だと思います。



もちろん、早いうちから勉強や、
自転車に乗れたり、
逆上がり、跳び箱が出来るに越したことはありませんが、


その先にある、継続力や、
社会性を身につける事が先決だと僕は思うのです。



運動が上達する速度や、
物事を暗記する力はあるに越したことはありませんが、


それよりも継続力が大事ですし、
平等に身につけられる能力だと思うのです。


【さいごに】


今回はコナミスポーツの子供の体操の
利点についてお話ししたのと、

プロに運動を指導してもらえる良さ、
習慣化して、継続力を養う大切さについてお話ししました。


お役に立てれば幸いです。

じゅんぺい

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール