かいてき(カイ的・快適)ビジネス

エアコン分解洗浄DIY!ビジネス的観点からやってはいけない

今回は、僕がDIYで実施した、
エアコン分解洗浄についてお話しします。

そこで分かったことは、
分解洗浄は必須という事です。
やり方などを含めて、お伝えいたします。


【エアコン分解洗浄した結果】


洗浄液を付けて、しばらく放置、
さらにリンスして、水を掛けて、
流したところ、こんなに汚れた水として出てきました。

8



唖然です。

これだけ汚い空気を吸っていたと考えると、
いつ体調を崩してもおかしくなかった。そう思いますね。


【エアコン分解洗浄方法】



[エアコン構造解説]

エアコンの洗浄箇所を説明する為に、
エアコンの構造を解説します。


まず、エアコンカバーがあって、
カバーを外すと、

フィルターが2重構造になっています。
(我が家の場合)



このフィルターを外すと、
熱交換器のフィンが姿を現します。

2


更にフィルターを設置する内側のカバーを外すと、
フィン全体と、さらにはエアコン吹き出し口から
風を送るファンが姿を現します。


3


洗浄が必要なのは、
ファン、フィン、フィルター

ですね。

フィルターは、取り外しも簡単ですし、
掃除機で吸えば良いだけなので、
フィルター清掃は今回は割愛。


ファンとフィンについて清掃を行います。
ファンとフィンは、構造が複雑で手が届かないので、
スプレーによる洗浄を行います。



[購入品]

購入したのはこれです。


くうきれいファン用リンス付き
くうきれいフィン用リンス付き
補助リンス用ペットボトル噴射器


合計で5400円もしました(汗)
(上記とは別の場所で買いましたので)

[掃除の開始前に]


くうきれいは、スプレーして、
アワアワ状態になるので、
電気系統は養生が必要です。


作業前にコンセントを抜いて、
カバーを取り外し、センサーや、電源関係をしっかりと養生します。


さらに、リンス時に水が滴るので、
大きいビニール袋で水を受け止める様にします。

さらにビニールに糸を付けて、
穴を開けて、その下にバケツを用意。


これをしないと、
滴った水の重みでビニールが外れて悲惨な事に…。


我が家はこんな感じにしました。


4



バケツがないので、洗面器で代用(汗)

結果としては、やっぱりバケツが欲しかったのと、
思い通りに水が滴ってくれなかったので、


床の周りが水浸しに…。
周りに雑巾を敷き詰めたほうが良いです。



[洗浄開始!]


そして、くうきれいを吹き付けた結果!!


6



フィンもファンも泡の量が足りないじゃないか!!


足りない分は、
手袋した手で撫でるように広げました…。


手袋して下さいね!
手がかぶれますよ!


くうきれいを買った時は、
レビューで、リンスが足りない場合もある、とは書いてありましたが、


泡も足りないじゃないか(汗)
ファンとフィンで、もう一本ずつ欲しいくらい(笑)


それくらいやれば、完璧なのですが、
ここまでバラしたからには徹底的にやりたいですよね〜。


あと、注意点は、スプレーは水平に向けて発射すること。

上を向けちゃうとガスだけ逃げてしまいます。


でも、エアコンって、基本下から上にスプレーするわけで、
(特にファンなんかは)


どうやるかというと、
スプレーノズルがストロー状なので、


ストローを曲げて挿入するといい感じです^ ^

この状態で、30分以上放置…。
泡が汚れを包み込んでくれます^ ^


[それではリンスだ!]


リンスはスプレー噴射の水みたいなもの。

さっきも言いましたがやっぱり足りない。

流し3分の1くらいで、
ファン、フィンともに無くなってしまいました。


でもっ!
今回は助っ人を用意しました。

↓これです

7



ペットボトルにつける、
圧縮型シャワー噴射器!

変な名前ですが、
どう表現したら良いのか分かりませんでした。


洗面器という、貧弱な器での作業だったので、500mlのペットボトルで
作業しました。


1回
2回

5回!

これで限界(汗)

やってもやっても泡は無くなりません。
嫁さんと息子には外に出て行って貰いましたが、
もうそろそろ帰ってくるので、
ここで作業断念…。


元に戻しました。


[臭い!]

↑つまの第一声(笑)


いやー。無理でした。
洗剤を落としきれませんでした。
ここまでやるなら、
ファンとフィンまでも解体して、
湯船にでも投入した方が良かったんじゃないか?


それくらい、無理ゲーです。


[でも臭いは消えた!]


しばらく臭くてファブリーズしまくっていましたが、

次の日には臭いも消え、
快適になりましたよ。




【費用対効果】


5400円の材料費をかけて、
5時間の作業、出来はイマイチ…。


僕にとっては無駄な時間でした。

その時間をビジネスに使えば良かったんじゃないですか?


後で調べたら、
グルーポンでエアコンプラス、好きな場所一箇所清掃で5000円だそうな…。

材料費、時給を考えたら、
明らかに赤字ですね(汗)

…と、いうより、グルーポンが安すぎる訳ですが。


ビジネスで、費用対効果を考えるのは、
基本中の基本ですよね。
やっぱり、労働はしてはいけない。

再認識出来ました。

とは言え、
ブログ記事のネタになったので、
まぁ良しとしましょう!

とても勉強になりました!


【さいごに】


今回はエアコンをDIYで分解洗浄してみました。

結論は業者に頼んだ方が、

より安く
より早く
より完璧に

出来ると思いました。


でも、新しい体験で学びも多かったです。
もう絶対やりたくありませんが、
良い経験が出来ました。


感謝します!


じゅんぺい

関連記事

じゅんぺいのプロフィール