かいてき(カイ的・快適)ビジネス

エアウィーブの枕の評価 低反発とのアプローチの違い

Sponsored Link

本記事では、2ヶ月ほど使用した、
エアウィーブの枕の評価を行いたいと思います。

google Sponsored Link1

その上で、低反発枕との、
眠りの視点の違いについて考えて行きたいと思います。



【2ヶ月エアウィーブを使った評価】


2ヶ月前、眠りの品質を高めようと、
購入した、エアウィーブのマットレス、及び枕ですが、

大分身体に馴染むようになって来ました。


makura


少し真ん中が沈み込んできたような気がします。


より快適で深い眠りにつける様になりました。
僕は基本的に7時間半の睡眠が必要だったのですが、
5時間半だったとしても、朝は気分爽快で、
より深く眠れている事が体感出来ています。



それは、エアウィーブのマットレスの効果もありますが、
やはり、大きな違いは、枕にあると思います。


【エアウィーブ枕の評価】


僕が愛用している枕はエアウィーブ s-lineの枕です。

中央部分と端で硬さが異なり、
結果的に高さが変わると言うものてます。



枕自体も高反発なので、
寝返りを支えて助けてくれて、
楽に寝返りが出来るのですが、
寝返りした後は、横向きの態勢になった時に、



枕の高さがちょうど良いので、
横向きでも、首に力が入りません。

やはり、エアウィーブのマットレスとの
相性は抜群だと感じています。



s-lineの枕の特徴を考えると、
真ん中付近に頭を乗せて反発力や、
接触面積の広さが寝心地をよくしていますし、



寝返りをうった時は、
頭が枕の端に行きます。
その時に枕の端は少し硬く沈み込まないので、
首に無理な力がかかりません。




この様に、人の睡眠の特徴を捉えて
先手を打って、対策してくれているので、
エアウィーブは流石だなあ。



と感心してしまいます。


google Sponsored Link2


【低反発との眠りに対するアプローチの違い】


テンピュールをはじめとする低反発の枕と、
エアウィーブなどの高反発枕の違いを、
眠りに対するアプローチの仕方から考えてみます。




まず、低反発タイプは、
寝心地の良い寝具を作ろうとして開発されました(あくまで予想です)



寝心地が良ければ、
疲れなくて、深い眠りにつくことが出来る。



つまり、

寝心地の結果として、
睡眠の質を高める事を目指したのです。




そして、
高反発タイプ、特にエアウィーブで言えば、


眠りとは一体何なのか?
正しい睡眠とは何か?を考えて、
睡眠の質を高めるために、どうしたら良いかを考えて、
結果的に高反発タイプに行き着いたのです。


つまり、
高品質な眠りを実現するために、
高反発タイプが生まれたのです。





両者を別の言い方をすれば、



低反発タイプは、
寝心地の良い手段を用いて、
高品質な眠りの目的を達成する事に対して、



高反発タイプは、
高品質な眠りという目的を達成するために、
高反発という手段を提案したのです。




このアプローチの仕方の違いはすごく面白いと感じました。
(どちらが良いと言うものでもありませんが)

選ぶ際は、やはり自分で試してみて購入して貰えたらと思います。



【さいごに】


今回は、エアウィーブの枕の評価として、
僕が購入したs-lineに関してのレビューを行いました。

また、低反発、高反発の枕について、
高品質な眠りを提供するアプローチの違いについてお話しました。



お役に立てれば幸いです。

じゅんぺい

google Sponsored Link3

PS
 
 
元日立製作所 社員が教える、日記ブログで、給料とは別に
結構稼ぐ方法。賢い人はすでに始めています。
 

ビジネスコミュニティindividualに無料で参加はこちら

 
 
 

Sponsored Link

関連記事

google スポンサードリンク

じゅんぺいのプロフィール